プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年09月10日

レターパック発送について

振り込みまたは現金書留で

レターパック発送

1.薬の代金   3,200 × 個数(3個以上同時購入の場合は3,000円×個数となります
  薬は1袋(10日分)が3,200円です

2.運賃  500円

※薬の代金 + 運賃 

10日分 3,700円
20日分 6,900円
30日分 9,500円


1度の発送で30日分までの注文が可能です

振込先 ゆうちょ銀行  有限会社 角野製薬所
記号17850 番号30430881
名前 ユ)スミノセイヤクジョ


他銀行からの振込の場合
(店名)七八八(読み ナナハチハチ)
(店番)788(預金種目)普通預金(口座番号)3043088

振込手数料お客様ご負担となります

振込、送金前に FAX 又は TEL で
 1.住所  2.氏名  3.〒番号  4.電話番号  5.薬の種類(症状)
 6.薬の個数  等をお伝えください


〒893-1101 鹿児島県鹿屋市吾平町上名5756 有限会社 角野製薬所
TEL・FAX 0994-58-7978
営業時間 午後1時〜6時まで 月曜日は定休日

料金確認後の発送となりますので3日〜1週間ほどかかります
日付指定、時間指定は出来ませんが、対面受取になりますのでご安心下さい

ご不在の場合は不在通知が入りますので、不在表をご確認ください。
角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村






posted by すみのんくすい at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

角野製薬所(場所)

鹿児島県鹿屋市吾平町上名5756
пAfax(0994−58−7978)
大隅広域公園オートキャンプ場横になります。
鹿屋方面からの場合、県道68号を吾平山稜方面へ、姶良川を渡った先が吾平中になります。吾平中先が上り坂になり、上りきった右手側に町営グランドと左手側に吾平駐在所があります。
駐在所より県道544号を直進約2キロほどで左手側に角野製薬所看板がありますので、左折して下さい。看板先が下り坂になっていますので、坂は下らないように気を付けて下さい。看板より左折し約300mほどで、
もう一つの看板がありますので、そこを右折し約500mで角野製薬所入り口になります。
(吾平町の県道は1本道なりますので、直進し、看板を目印にして頂ければわかりやすいかと思います)

肝付町方面からの場合、県道73号を鹿屋市(吾平町)方面へ。鹿屋市と肝付町の境が上り坂になってりますので、上りきって直進後、ロードミラーが右手側にそこに角野製薬所看板あり左手側に大黒さんの看板がありますので、そこを左折して下さい。左折後直進約3キロで角野製薬所入り口となります

場所がわかりにくい場合は事前にお電話頂くか、もしくは、既にお向かいの際はわかりやすい目印のある場所よりお電話下さい。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

煎じ方E龍雲湯

20140202_130857.jpg
龍雲湯は、小鍋に水400〜500ミリ、龍雲湯1包を加えます。
はじめに強火で4,5分程度加熱し中火程度に弱め更に7、8分ほど加熱すると水の量が半量程度になる目安となります(12、3分程度)。
はじめから中火程度で加熱した場合は、15分程度が加熱の目安となります。
独特のすっぱみを持つ漢方薬ですので、煎じた袋は必ず、煎じた後に直ちに取り出すようにして下さい
煎じつめすぎた場合、煎じ袋をつけたままにしておいた場合、すっぱみが増していますので、必ず水、もしくはお湯で薄めて服用するようにして下さい。
20140202_132151.jpg
龍雲湯は水のような痰(たん)、鼻水、せきなどがあり、胃部に水分停滞がある風邪やアレルギー性鼻炎などに用います。妊婦、妊娠している可能性のある人は使用できない場合があるので注意して下さい。
せき、痰、鼻水を含め、肺気腫、気管支炎、風邪に伴う気管支喘息等にも効果があります。
応用としては、インフルエンザ等の高熱(ケイヒ、マオウとの組み合わせで発汗解熱作用が強化されている)時、蓄膿、鼻炎等にも効果があります。発汗作用が高いため、汗をかきやすく、尿の量も増加する場合があるので、こまめに水分補給する事も注意するようにして下さい
20140202_132304.jpg

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍雲湯(小青竜湯) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

煎じ方と服用方法

角野の漢方薬はすべてせんじ薬です。
1日分を一度に煎じて、3回に分けて飲みます。
小さめのなべに1包を入れ、水約3合を加えます。
中火で時間をかけて約半量まで煎じつめます。
朝、昼、夜の3回に分け、食前又は食間の空腹時に飲むのが良い方法です。
空腹時とは、食前30分〜1時間ぐらい、又は食後2時間ぐらいです


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
posted by すみのんくすい at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

漢方薬の服用の仕方

漢方薬の服用は、一日3回、食間(食事と食事の間)に飲むのが基本です。空腹時に飲むほうが吸収がよく、食品との相互作用の心配もありません。また、飲む時間を決めておいて習慣化するとよいでしょう。仕事をもっている人では、朝・晩の服用でもかまいません。飲み忘れた場合、服用間隔を4時間以上あければ、次の食間まで待つ必要はりません。また、飲み忘れたからといって、2回分を一度に飲むのは間違いです。食間の服用が難しい人は、食前の服用でもかまいません。その際は、服用後30分ほどしてから食事をとるほうがいいでしょう胃腸が弱く、空腹時に薬を飲むと気分が悪くなる人は、食後に飲んでもかまいません。大切なのは、時間を気にするあまり飲めなくなるより、それぞれの生活リズムに合わせて、毎日きちんと服用することです。
なお、服用後すぐに牛乳や清涼飲料水を飲むと、吸収が妨げられたり、成分が水分と一緒にすぐ排泄されて薬効が下がることがありますので注意しましょう。服用後の口なおしのためのコーヒーやお茶は、30分ほど控えたほうがいいでしょう
他の治療薬を併用うるときは、まず医師に相談してください。併用可能な場合でも、30分以上あけて、治療薬を服用するようにしましょう。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
posted by すみのんくすい at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

上薬・中薬・下薬について

漢方薬に含まれている生薬には、上薬、中薬、下薬の種類があります。
生薬の配合は、上薬を中心に、中、下薬を定められた比率で組み合わせて行われます
上薬は体質強化、養生を目指すものです毎日摂取することで体質を改め、別の薬の副作用を軽減したり、全身状態改善します。即効性はありませんが、副作用がほとんどありません。
中薬は、比較的穏やかな作用で新陳代謝を活用化したり精を養うもので、大量に摂取しないかぎり、副作用の心配はありません。
下薬は、作用は強いものの、しばしば副作用を伴うものです。摂取量や摂取機関に注意が必要で、医薬品によく似た性質をもっています。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
ラベル:下薬 中薬 上薬
posted by すみのんくすい at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

漢方薬の特徴・基本的な考え方

漢方の考え方として重要なものは患者の証(体質及び症状)及び陰陽五行説である。
患者の証(体質及び症状)に基づく考え方は、体質を虚証と実証とに分類し、それに応じて処方する考え方である。虚証とは、体内の臓器を働かせるエネルギーの貯蔵量が少ない体質(虚弱体質{体力お衰えている人、体の弱い人})をいい、実証とは、そうしたエネルギーの貯蔵量が多い体質(比較的体力がある状態)を指す症状については、陰病と陽病とに分類される。陰病とは、実際に使用するエネルギーが少ないため臓器の機能が低下している状態であり、陽病とは、実際に使用するエネルギーが多いため臓器の機能が亢進している状態をいう。患者に合った漢方処方が選択されれば効果が期待できるが、合わないものが選択された場合には、効果が得られなばかりでなく、副作用を招きやすくなる。そのため、漢方薬を使用しようとする人の体質と症状を十分に踏まえ、処方が選択されることが望ましい。陰陽五行説は、人体の臓器を五臓六腑に分け、それぞれの臓器が相互に作用し合って生体のバランスを取っている、という考え方に基づいて処方する考え方である。そのため、漢方薬を使用しようとする人の症状や臓器の状態を十分に踏まえ、処方が選択されることが望ましい。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
posted by すみのんくすい at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

漢方薬の特徴

生薬とは
生薬というのは、自然界にある動植物のうち、薬効成分をもつ部分を薬として利用できるようにしたものをいいます。もっとも多いのは草木類で、根、茎、樹皮、葉、果実、花、種子などが用いられます。生薬の約8割がこれらを材料にしたものです。このことを「草根木皮」と呼んでいます。植物以外には、動物の皮、骨、内臓のほか、キノコ類や昆虫、貝殻にも薬効があるものがあります。生物以外では、鉱物の一部も薬物として利用されています。
動植物由来の原材料は、生のままでなく、蒸したり、塩水に浸して干したり乾燥させ、砕いたり挽いたものをおもに煎じて服用します。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
posted by すみのんくすい at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

漢方薬組織について

漢方薬は、生薬を単独で使うことはあまりなく、ほとんどの場合、2種類以上の生薬を組み合わせて調合した複合材が用いられます(生薬を1種類だけで使うのは民間療法のやり方です)。
西洋医学で使用される医学品の原料も、もともとは、草木類などの天然物で、生薬に含まれる有効成分だけを抽出して精製・純化することに成功し、少ない量で確かな有効を得ることが可能になりました。
さらに、成分を分析して別の材料から人工合成(化学合成)できるよになり、量産化や均質化が可能になったことで、生薬が使われることはほとんどなくなりました。
これに対し、漢方医学は生薬を複合して用いることを伝統的に守りつづけています。それには次のような理由があります。
複合剤でる漢方処方は、単一成分を純化しただけの医療薬と比べ、成分数が段違いに多く、薬効成分以外のものも含まれています。その薬理作用は複雑多彩です。しかも、2000年以上の歴史をもつ漢方は、長い年月の間に無数の処方を試み、無益で有害なものを淘汰する作業を繰り返してきました。その結果、優れた処方だけが残り、今日に継承されているのです。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
ラベル:薬理作用 生薬
posted by すみのんくすい at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

薬の購入方法

漢方薬は同じような症状であっても飲む人の体質等によって、その効果に個人差が出たりします。
まず、0994-58-7978へ月曜日以外の午後1時〜6時までの間に電話を下さい。2時30分までに電話をいただくと関西地区までですとその翌日にはお届けできます。
薬代は10日分で3,200円(運賃は別)です。
通常は佐川急便での代引きの発送となりますが、
先に振込または現金書留等により、代金確認が出来れば、レターパックの発送も可能ですので、
お問い合わせください

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村
posted by すみのんくすい at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。