プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年09月21日

刻みの漢方薬について

角野製薬所が製造販売している漢方薬はせんじ薬です。
最近色々なかたちの漢方薬がありますが、せんじ薬は昔ながらの本来の漢方薬そのものです
品質の良い生薬(薬草)を配合したせんじ薬の効果は、漢方薬の中で最も優れています


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村





posted by すみのんくすい at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 角野製薬所製品紹介等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

お血に関係ある病気

脳梗塞
高血圧
高脂血症
動脈硬化
脳卒中
心筋梗塞
痴呆症
神経痛、リュウマチ
脳性胃炎、胃潰瘍
腫瘍
慢性腎炎、水腫、ネフローゼ
皮膚炎、乾性湿疹、アトピー性皮膚炎
などなどと、お血はあらゆる病の源になると言われています。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村



posted by すみのんくすい at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

お血になると

頭痛・頭重
痴呆、忘れ物が多い
耳鳴り・めまい
抜け毛・脱毛・ふけが多い
胸がつまる・動悸
首・肩こり
手足のしびれ・ふるえ・手足足先が冷える
胃痛・腹痛・痔
等の症状がでます

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村



posted by すみのんくすい at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

お血(おけつ)とは

おけつとは、
血液が汚れている
血液がドロドロしている
古くなった血液が血管の一部に滞ってしまう
血行不良の状態をいいます

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村



ラベル:血行不良 お血
posted by すみのんくすい at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

未病とは

漢方では病気と健康の間に明確な境界はないと考えます。いわゆるグレイゾーンの半健康状態の場合、病気の方向に状態が向かっている場合、これを未病といいます健康の状態に向かう力をサポートするのが東洋医学の未病制御となります。
健康状態にも質的段階があります。より健康へと志向する考えが、未病を治す基本的な考えです。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村



ラベル:未病について
posted by すみのんくすい at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

血の薬服用中の方(疲労感、肌荒れ、生理不順、尿量減少、汗をかきにくい、便秘症等)

30歳代女性
症状
疲れやすい、肌荒れ、生理不順、尿量少ない、汗をかきにくい、便秘
服用、2、3日目から、肌の艶が出てきたとの事
服用10日程度で、疲れを感じにくくなったとの事
尿量は徐々に増えてきたいるとの事だが、汗をかきにくい、便秘症の状況に変化はまだ無いとの事。
体質改善等は1ヶ月程度を目安とし、飲みはじめと、1ヶ月後の変化を比較して頂くようにお伝えする。
自律神経失調症の場合、変化について判断が難しくなりますので、飲みはじめの体調面ついて、箇条書きで記載し、服用中の体調について記載すれば、比較する事により、判断しやすくなります。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ネフローゼ症候群について

腎糸球体に病変を持つ病気で、一日3.5g以上の高度のタンパク尿、低タンパク血症、高脂血症および浮腫の四大臨床症状を示すのが特徴である。慢性腎炎と同じく、いろいろな糸球体病変がみられるので、診断と治療方針はの決定には腎生検を行う。

症状
ネフローゼ症候群と気づく症状(初発症状)としては、むくみである。はじめは起床時のまぶたや顔にはれがみられ、そのうち下肢をはじめ、陰嚢や陰唇のような、体のやわらかな場所にむくみがひどくなってくる。むくみが強くなってくると全身がだるくなり、そのうちに全身にむくみが広がり、腹水や胸水までもたまってくるようになる。せきや痰がふえ、呼吸も苦しくなり、皮膚も蒼色となって食欲も減り、体力も衰える。タンパク尿は一日3.5g以上みられるが、ときには一日50g、60g以上も出ることがある。このように血液中のタンパクが大量に尿中に失われるため、著しい低タンパク血症となり、その結果、全身にむくみがひどくなるばかりか、血液中にコレステロールや中性脂肪などがふえて高脂血症となる


原因
おもな原因としては、はじめから腎臓の病気として起こってくるリポイドネフラーゼや腎炎によるものが、ネフローゼ症候群全体のおよそ80%を占めている。他には、糖尿病による腎炎や全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病に伴うもの、アミロイドーシスによるものなどがよく知られている

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

血の薬効能・応用、使用上の注意

比較的体力の低下した人で、足腰が冷えて疲れやすく貧血気味、排尿回数は多く尿量が減少し、下腹部の痛み、めまい、耳鳴り、動悸、肩コリ、頭重などのある人に用いる

月経痛、月経不順、更年期障害、流産癖、不妊症、血のみち症、子宮内膜炎、つわり、おりもの、各種婦人科疾患の補助療法、産前産後あるいは流産による障害時の疲労倦怠、坐骨神経痛、貧血症、血圧異常、冷え症、倦怠感、慢性腎炎、心臓衰弱、心臓弁膜症、おでき、習慣性膀胱炎、腰痛、半身不随、しもやけ、むくみ、しみ、痔核、脱肛などで、広い範囲に応用する。男性にも用いるが主に体力の衰弱した女性のための薬として知られ、安産の薬、安胎薬として、妊娠時にもおく用いられる。

使用上の注意
食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などが現れる場合がる。また、すでにそれらの症状のある人は、悪化するおそれがあるので、使用には注意が必要。
発疹かゆみなどの過敏症が現れた場合は、すぐに使用を中止する。
肝臓に影響し、AST[GOT]、ALT[GPT]の値が上昇する場合があるので、その場合は医師に相談する。

応用
1.疲労性、冷え症、貧血性、脈沈弱、無気力、消極的気質などの体質。眩量、耳鳴り、心悸亢進、冷感等の血管運動障害、便秘、下痢、浮腫、胃部振水音等の新陳代謝及び胃腸障害。気鬱、引っこみ思案、記憶力減退、頭痛、肩コリ、四肢倦怠、腰痛、背痛、腹痛、しびれ感、不眠、嗜眠等の精神障害。月経不順、帯下等の婦人科的症状なぢどの組み合わさっているもの。

2.神経質、ノイローゼ、ヒステリー、精神分裂症で上記1.の症状のあるもの。

3.肺結核、助膜炎、気管支喘息等で、疲れやすく、貧血し、肩のこり、背痛、頭重、息切れなどするが咳や呼吸困難はほとんどないもの

4.高血圧症、低血圧症、メニエル症候群、甲状腺腫、バセドウ氏病で動悸、めまいなどのあるもの

5.心不全で動悸、浮腫、貧血、足冷えのもの。

6.胃炎、ネフローゼで上記5.の症状のあるもの。

7.痔核、痔出血、肛門脱出等で上記1.の体質的その他の症状のあるもの。

8.ひび、あかぎれ、蕁麻疹、にきび、そばかす、湿疹等で上記1.の体質的特徴のあるもの。

9.月経不順、月経過多、月経過少、無月経、経閉、月経困難、子宮出血、帯した、子宮後屈、子宮内膜炎、頸管カタル、付属器炎、メトロバチー、子宮筋腫、卵巣脳腫、骨盤腹膜炎、更年期障害、血の道症、子宮脱出、流産、流産癖、人口流産後遺症、不妊等で上記1.の症状を伴うもの。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

メニエール病について

メニエール病は、内耳の病気で、蝸牛と全庭器が同時におかされるのが特徴である。病気の本態は、内耳にある内リンパ液が異常に多くなった状態だが原因はいまだにはっきりしていない
いろいろなストレスや自律神経の不安定な状態や、その他の誘因がまざり合ったものではないかと考えられている。

症状
一般にメニエール病は、なんの前ぶれもなく、突然のめまいで起こる
めまいの性質は、自分の周囲の物、たとえば天井が回るように感じられ、この感じが非常に強いため、立っていられなくなる。また、、めまいと同時あるいは少し前から、一方の耳のつまった感じや、耳鳴り、難聴が起こる。それと同時に吐き気や動悸などがしばしば起こる激しいめまいは、だいたい1〜2時間で自然におさまることが多い。めまいが治まると、耳鳴りや難聴がなくなったり少なくなったりする。
メニエール病は一度だけということはなく、繰り返し起こることが特徴で、その間隔は人によって異なるが、数週間から数カ月くらいが一番多い。このようにめまい発作を繰り返していると、次第に聞こえにくくなる。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

血の道症について

季節の変わり目、温度変化、気圧の変化などにより
体調が変化しやすくなります。
血の道症は放置すれば、症状が悪化してしまいます。
症状が軽度のうちに漢方服用を検討して下さい

抑うつや寝つきが悪くなる、あるいは神経質、集中力低下などの精神神経症状


・必ずしも更年期だけに現れる症状ではない。


・原因としては、月経、妊娠、分娩、産褥(分娩後、母体の状態が通常に回復するまでの期間)、更年期などのほか、流産、人工妊娠中絶、避妊手術などがある。

・特に月経の3〜10日前に現れ、月経が始まると消失する、腹部膨満感、頭痛、乳房痛、感情の不安定、興奮、抑うつなどの症状を、月経前症候群という


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村




posted by すみのんくすい at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。