プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年10月08日

血の薬と薬師湯について(服用事例)

平成25年7月より服用中の50歳代男性
初期症状
汗をかきにくい、残尿感、低血圧⇒薬師湯を一ヶ月服用
服用中の変化⇒汗を上半身を中心にかくようになったとの事。残尿感については依然残るものの、尿のでは徐々に改善。血圧については、安定しつつも、時間帯により貧血の症状をおこす場合があるとの事。
一ヶ月薬師湯を服用後、血の薬へ、便秘の症状もあるとの事で、日にちを変えての通導散の服用をすすめる。
便秘症については、飲みはじめ時は、服用の都度、便がでたとの事だが、服用頻度を増す事により、効きが悪くなってきたとの事。服用感覚をあけて続けての服用を避けるように伝える。血の薬を2日、3日目に通導散を服用する形を約4ヶ月継続。貧血の症状、便秘の症状につては、依然残るものの、他については、だいぶ改善されてきたとの事。
血の薬の服用の継続が続いていたため、薬師湯への切り替えをすすめる。薬師湯を2日、翌日に通導散を服用する形を続けた所、便秘症についてはだいぶ改善されてきたとの事。
薬師湯、血の薬、通導散を併用して、約半年で初期症状については、ほぼ改善したとの事。
貧血の症状、ふらつき等は、日によって症状が出るとの事だが、食生活、運動等のバランスも必要になってくる事を伝える。
自律神経については、年齢・性別・体重・食生活・運動・睡眠等、いろいろな事由と繋がりがあるので、一概に解決策を提案出来ないと思うが、個人、個人に合う、服用の仕方がある程度判断出来れば、自律神経失調症についても、漢方服用を兼ねた改善策が可能であるのではないかと思う。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村





posted by すみのんくすい at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。