プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年10月18日

体の代謝について(漢方薬)

漢方薬では、一般的には尿の出が少ない、汗をかきにくい、便秘症である等の方が効果が出やすいです。元々新陳代謝が活発で症状が出る場合は、漢方の適応でない部分に原因があるのかもしれません。
食生活、睡眠等、日女生活の部分も体調には大きく影響してきます。
漢方薬は服用時間、飲む温度、薬との飲み合わせ等にも効能等は大きく影響される場合があるので注意して下さい。
煎じ薬の漢方薬は基本的に、ひと肌程度で空腹時に服用するのが、正しい飲み方になります。必ず他の薬等とは、服用する時間帯を変えて下さい。食後服用のものだけなら食前に、食前服用のものがあれば食間を目安にするようにして下さい。漢方薬は体への吸収がはやいですので食前なら30分程度。ただ、食感に服用する場合は食後服用した薬との飲み合わせになりますので2時間ほどは違えて服用するようにして下さい。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村





posted by すみのんくすい at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 服用の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

煎じ薬服用の注意点

煎じ薬について、誤った認識をお持ちの方がいらしゃるので、煎じ薬は必ず、水から煎じつめるようにして下さい。
煎じる容器についは、専用の容器は特に使用しなくてもよいです。
出来るだけ小さめで、水の深さが確認しやすい鍋等をお使い下さい。
煎じる時間、火力等により、多少は変化しますが、基本的には中火程度の火力で水が半分程度になるまで、煎じて頂ければ大丈夫です。
煎じる場合の注意点としては、水500ミリ程度を鍋に入れ、煎じ袋を入れた際に、必ず袋が浸かる程度の鍋を使用して下さい。水かさがなく、煎じ袋が浸からなかった場合、煎じ袋が鍋底につく場合等は、煎液が変わってしまう恐れがあります。
服用はひと肌程度のものを、食前又は食間に服用するようにして下さい。(食前服用の薬等がない場合は極力食前服用を)他の薬等とは、出来る限り、服用する感覚をあけるようにして下さい。 
煎じ液は冷めた段階で、冷蔵庫保管し、飲む都度温める又はお湯を足して服用して下さい。
1日3回服用が、最も望ましいですが、昼の服用が難しい場合は、朝、晩で服用し、
必ず半量程度に分けて下さい。時間の感覚としては8時間程度あけて頂ければ大丈夫です。
夜服用する時間帯は、就寝の2時間程度前までに服用するようにして下さい。
(漢方薬は利尿作用、発汗作用を高めますので、夜中目が覚める、トイレに行くなどの原因になる場合が
あります。)


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村



posted by すみのんくすい at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 服用の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。