プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年08月28日

漢方薬の特徴・基本的な考え方

漢方の考え方として重要なものは患者の証(体質及び症状)及び陰陽五行説である。
患者の証(体質及び症状)に基づく考え方は、体質を虚証と実証とに分類し、それに応じて処方する考え方である。虚証とは、体内の臓器を働かせるエネルギーの貯蔵量が少ない体質(虚弱体質{体力お衰えている人、体の弱い人})をいい、実証とは、そうしたエネルギーの貯蔵量が多い体質(比較的体力がある状態)を指す症状については、陰病と陽病とに分類される。陰病とは、実際に使用するエネルギーが少ないため臓器の機能が低下している状態であり、陽病とは、実際に使用するエネルギーが多いため臓器の機能が亢進している状態をいう。患者に合った漢方処方が選択されれば効果が期待できるが、合わないものが選択された場合には、効果が得られなばかりでなく、副作用を招きやすくなる。そのため、漢方薬を使用しようとする人の体質と症状を十分に踏まえ、処方が選択されることが望ましい。陰陽五行説は、人体の臓器を五臓六腑に分け、それぞれの臓器が相互に作用し合って生体のバランスを取っている、という考え方に基づいて処方する考え方である。そのため、漢方薬を使用しようとする人の症状や臓器の状態を十分に踏まえ、処方が選択されることが望ましい。

角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村


posted by すみのんくすい at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。