プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年08月24日

漢方薬組織について

漢方薬は、生薬を単独で使うことはあまりなく、ほとんどの場合、2種類以上の生薬を組み合わせて調合した複合材が用いられます(生薬を1種類だけで使うのは民間療法のやり方です)。
西洋医学で使用される医学品の原料も、もともとは、草木類などの天然物で、生薬に含まれる有効成分だけを抽出して精製・純化することに成功し、少ない量で確かな有効を得ることが可能になりました。
さらに、成分を分析して別の材料から人工合成(化学合成)できるよになり、量産化や均質化が可能になったことで、生薬が使われることはほとんどなくなりました。
これに対し、漢方医学は生薬を複合して用いることを伝統的に守りつづけています。それには次のような理由があります。
複合剤でる漢方処方は、単一成分を純化しただけの医療薬と比べ、成分数が段違いに多く、薬効成分以外のものも含まれています。その薬理作用は複雑多彩です。しかも、2000年以上の歴史をもつ漢方は、長い年月の間に無数の処方を試み、無益で有害なものを淘汰する作業を繰り返してきました。その結果、優れた処方だけが残り、今日に継承されているのです。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村


ラベル:薬理作用 生薬
posted by すみのんくすい at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方薬の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。