プロフィール
名前:角野製薬所ホームページ
ウェブサイトURL:http://www.suminoyaku.com
メールアドレス:takaic@wonder.ocn.ne.jp
一言:

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

2014年07月23日

自律神経失調症について

自律神経失調症とは、日本心身医学会では、種々の自律神経の不定愁訴を有し、しかし臨床検査では品質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないものと暫定的に定義されています。ただし、この病気は日本では広く認知されるもののDMSでは定義されておりません。
現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多く、実際この病気は患者の症状も多様である上にストレスなどの精神的な問題も関係しているとみなされているため非常に曖昧に使われている病名であるといえます。この病気は実際にはうつ病やパニック障害や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定出来ない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもあります。また、癌などであっても似たような症状があらわれることがあります。
また、原疾患を特定出来ない内科医が不定愁訴などの患者に対し納得させる目的でつける、という否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科・精神科などでカウンセリング・投薬治療を受けることを勧められております。

症状
めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、精神不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状もが現れることも多いです。自律神経失調症には様々な症状があり、その症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれであります。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにも関わらず、ある特定の症状が強くわらわれる
場合もあり、症状は実に多岐にわたります。
 
原因及び発症
夜更かしをすることなどによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れ等が挙げられますが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も存在するため一概に言う事は出来ません。しかし、少なくとも半数が日常生活のストレスにその病理の原因があると言われております。


角野製薬所のホームページ

アメーバブログ


ランキングに参加しております。ポチッポチッをお願いしますわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村


ラベル:薬師湯 血の薬
posted by すみのんくすい at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 血の薬(当帰芍薬散) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。